笑顔の男性

原因不明の体調不良の解決

医者

心の疲れに関する診療

精神的疲労による不調といえばまず知られているのは精神科です。こちらは主に不安やうつ、幻聴や妄想など心の病を取り扱う科になります。一方、よく間違われるのですが、心療内科はどちらかといえば精神科よりも内科寄りになります。病気が起こった際に、心理的な面から起こっている不調をしっかり診ていこうとするものです。心療内科の定義は素人にはなかなか難しいですが、不安やうつ状態などといった精神疾患がなく、けれどこれといった原因も見つからない体調不良の時に行ってみると良いです。このような場合には、自分では気付かなかったストレスにより身体に障害が起こっている可能性が考えられるからです。現在では実質精神科であるのに、精神科は入りにくい人が多いからと敢えて心療内科の看板を掲げている病院もあり、素人にはますますわかりにくい状態になっています。しかし昔に比べるとうつ病をはじめとした精神疾患にも理解が広がっていますし、これからも理解が広がっていくことを考えると、このようなわかりにくい看板は少しずつ減っていくことが考えられます。一方で、患者の方にも、自分がどこを受ければいいのかをある程度判断する知識が必要になってきます。内科や婦人科など内臓のこととなると素人の付け焼刃では難しいところもありますが、心療内科と精神科の場合には、身体の症状が多く出ているのならば心療内科を。精神的な症状が多く出ているのであれば精神科を受診した方が良いというふうに覚えておくとわかりやすいです。

受診する前の注意点

心療内科と精神科はよくごっちゃに間違えられがちです。どちらも心の問題を扱うところには間違いないのですが、診療に必要な知識はまったく異なります。心療内科は精神面が原因となる身体の不調を診る科で、精神科は精神そのものの病を診る科です。このため、精神科医であっても心療内科のことはほとんどわからない、逆に心療内科の医師であっても精神病の専門知識はないということがあります。もちろん、両方について詳しく学んでいる医師もいますので、必ずしも診療を受ける側が明確に自分の状態を判別していなければならないわけではありません。しかし、医師であっても専門外である可能性が考えられることは頭に入れて、なかなか良くならないと思ったらセカンドオピニオンなども行った方が良いです。また、専門は違うものの精神面が要因となる体調不良を扱う科としては近いものであり、自分では精神科の方が良いと思っていたら心療内科の範疇であったとか、その逆も充分に考えられます。ですので、両方に詳しい医師がいるところか、そうでない場合は、両者がしっかりと連携を取れている病院を探す方が安心です。とはいえ、精神科のマイルドな表現として心療内科を掲げている病院もある現在では、その見分けは素人にはわかりにくいです。大雑把な見分け方ですが、内科・心療内科と並んでいれば、心療内科、神経科・心療内科といった並びの看板は精神科医が担当している場合が多いです。これらのことを把握し、自分に合ったところで診察を受けられれば、症状が重くなる前に改善することができます。