笑顔の男性

精神的な症状なら

カウンセリング

これからの予測

心療内科は身体や精神面など全体で治療するのが目的です。比較的新しい科なので日本でもまだ歴史が浅いですが、現在は必要性が注目されています。病気の身体面に影響する心理的な物などを分析しますので、様々な心療内科の治療は保険で採用されています。身体と精神的な物のバランスを検査する為に、まずは診察の身体面の検査、同じく精神面の検査として心理テストなどがあります。身体の病気と診療的な問題を治療します。どちらか片方がメインという事では無くてどちらも同じく大切な治療です。現代の社会には多くのストレスが存在しているので、身体や心理的な症状になるのは珍しくありません。ストレスのきっかけは仕事や家庭の問題もあり、感じ方に個人差があるので発症するかは人それぞれです。一般的な内科治療を受けても生活に支障が出る場合は心療内科を受診してみましょう。食生活や生活習慣病も影響しますので、規則正しい生活を過ごしたりバランスの良い食事をするなども気をつけてみましょう。自分の身体に出ている症状が、ストレスによる物である事に気づいていないケースもあります。原因がわからない肌トラブルや胃腸の不調などがあるなら心療内科で診察してみてください。心療内科の発展と進歩は、新しい知識と技術を取り入れてます。新しい治療法の開発に取り組んだり医学教育に取り入れたりするようにし、他の診療科などと連携出来るようにしています。専門性や詳細を把握して心理療法の種類も理解し、心身両面の治療が出来る内科医が増えています。

気をつける事

心療内科は精神科や神経内科と同じようなイメージがある事がありますが、それぞれ違うので目的に合った所で受診するようにしましょう。同じ病院内なら移動も簡単ですが、同じ病院に無いと多くの時間が余計にかかってしまいます。心療内科は心身症を主に扱っている所で、身体の症状が対象です。精神科は精神疾患を専門に扱い、代表的な種類はうつや不眠などの症状です。神経内科は脳神経の疾患を扱っており、神経の病気が対象です。これらの中で心療内科と精神科が混同されやすいので間違えないようにしましょう。しかし、精神科という呼び方に抵抗がある方面多い為、実際は精神科なのに心療内科という事もあります。違いは対象とする症状が身体か精神的なものかで区別して受診すると良いです。心療内科は内科の一部分というイメージで覚えておき、身体の症状があってストレスなどが原因である場合も心療内科になります。対象がよくわからない時は、受診する前に電話などで問い合わせをすると安心です。信頼できる関係で相談するもの治療になる為、医師と患者の相性も大事です。もし医師の言動に違和感を感じたりしたら、違う病院のセカンドオピニオンをしてください。セカンドオピニオンは外科などの手術の前に行う印象がありますが、心療内科の場合にも出来るので検討してみましょう。心療内科は高額な検査機器が必要では無い為に経験が浅い医師が開業している場合があります。ホームページや医師の経歴をチェックして、経験が十分かどうかなどもチェックすると良いでしょう。